個人タクシーの年収

2012年02月25日

個人タクシーの年収

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)

個人タクシーの年収は人によって大きく異なります。

やはり個人タクシーと言えども自営業ですので、上手くやれば年収1000万円以上も可能ですが、上手く経営できなければあまり稼ぐことはできませんどんっ(衝撃)

1000万円以上稼いでいる人もいれば、300万円しか稼げていない人もいます。

ただ、個人タクシー全体の平均年収は約580万円ですので、日本人の平均年収が約400万円だというのを考えると、稼ぎやすい職業とは言えますねわーい(嬉しい顔)

また、個人ではなく雇われのタクシー運転手の場合は、平均年収が約280万円ですので、雇われの場合と比べても遥かに高給を稼ぐことができます。

単純計算になりますが、雇われの場合の倍以上は稼げるという計算です。

基本的に雇われのタクシー運転手は低収入職となりますので、タクシー運転手として人並み以上の年収を稼ぎたいのでしたら、独立するしかありません。

さらに個人タクシーは収入面が恵まれているだけではなく、仕事中に遊びに行ったり、疲れたら休んだりと、自由時間が多いというメリットもあります

もちろん、そんなことばかりしていたら稼げませんが、好きなときに働けるというのは、雇われで働いている多くの人にとっては非常に魅力的でしょう。

こうして見ると個人タクシーはかなり恵まれているように思えますが、なろうと思ってすぐになれる訳ではなく、誰でもなれるような職業でもありませんふらふら

個人タクシーの運転手になるには、法人のタクシーやバスの運転経験が10年以上必要となっており、業界素人には100%なれないようになっています。

現在、法人のタクシー運転手などの方でしたらチャンスはありますが、業界素人が今から個人タクシーを始めようと思っても、かなり無理があるでしょう。

業界素人には縁のない職業だとも言えます。

なお、法人のタクシーやバスの運転経験が10年以上の場合は、他にも細かい条件が色々とあるのですが、どの条件もそこまで厳しい条件ではありません

例えば過去に運転免許の取り消し処分がないことや、営業申請をする営業区域内に1年以上住んでること、他にも65歳未満であることなどになりますわーい(嬉しい顔)

全ての条件を満たしていれば、あとは70万円以上の資本の用意と、「個人タクシー試験」を受けて合格すれば個人タクシーとして始めることができます。

現役で法人のタクシー運転手などをやられている方は、個人の方が遥かに稼げますので、条件を満たしているでのしたら、是非試験を受けてみて下さい。

試験については「地方運輸局」に問い合わせをすれば詳細を教えてくれます。

個人タクシーは割と稼げる職業ではありますが、誰でもすぐになれるものではなく、ゼロからなろうと思ったらかなりの時間を掛けなければいけません。

現役でやられている方以外、個人タクシーを目指すのはオススメしません。

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 即金在宅ヒロシ at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。