鳶職の給料

2012年02月24日

鳶職の給料

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)

鳶職の給料は高いとよく言われています。

やはり危険を伴う仕事ですので高給をもらえなければ割には合いません。

では、具体的にどのぐらいもらっているのか?と言うと、平均月収が約29万円程度であり、ボーナスも含めた平均年収が約390万円となっています。

この数字を見て「そこまで高給じゃないんじゃない?」と思った方は多いと思いますが、実際にこの年収は日本人の平均年収とほとんど大差ありません

これでも決して低い年収ではありませんが、見ての通り高給というほど高給でもありませんので、世の中が思っているよりは低収入というのが現実ですどんっ(衝撃)

また、女性でも鳶職をやられている方が稀にいますが、女性の場合は平均年収がかなり落ち、ボーナスも含めた平均年収が約210万円となっています。

女性にとってはかなり稼ぎづらい職だと言えるでしょうふらふら

このように鳶職は、給料だけを見れば危険な仕事の割にそこまでもらえない「デメリットばかりの仕事」に思えますが、メリットもない訳ではありません。

まず、メリットの1つが低い採用条件。

会社によっては普通自動車免許が必要なところもありますが、ほとんどの会社は学歴や資格、年齢や経験なども、問われることなく働くことができます

例えば最終学歴が中学卒業の未成年でも働くことができ、そのような人でも働き始めて数ヵ月後には、月給で20万円以上もらえたりはザラにあります。

正直、未成年でもここまでもらえる昼間の仕事はなかなかありません。

基本的に採用条件の低い仕事は給料も低かったりしますが、鳶職は年収が約390万円ですので、採用条件が低い割には稼げる職業と言えますねわーい(嬉しい顔)

他にもメリットも挙げるとすれば、給料を日払いでもらえるというのもあります。

これをあまりメリットと思わない方もいるでしょうが、すぐにでもお金が必要!という人にとって、日払いでもらえるというのは大きなメリットでしょうexclamation

基本的に多くの会社は月給制ですが、相談をすれば日払いでももらえます。

鳶職は危険な仕事な割にそこまでの高給はもらえませんが、同じ肉体労働の引越しの仕事や、鳶職以外のガテン系の仕事よりは遥かに稼ぐことができます。

肉体労働系で稼げる仕事を探している方に鳶職はオススメです。

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 即金在宅ヒロシ at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。