事務職の年収

2012年02月03日

事務職の年収

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)

事務職の年収は全体的に低めです。

企業や業種によって大きな差はありますが、平均年収は約310万円程度となっており、日本人の平均年収と比べて100万円近く低い額となっています。

同じオフィスワーク系の経理や広報などの平均年収はいずれも400万円を軽く超えており、オフィスワーク系の中では最も平均年収が低い職となります。

誰でも知っているような大企業の事務職でしたら、500万円以上の年収も期待ができますが、それだけもらっている人達はかなり稀だと言えるでしょう。

基本的には事務職は低収入な職だと言えます。

高給を稼ぎたいような人に事務職はオススメしませんたらーっ(汗)

ちなみに初任給を見た場合、大卒の全体的な初任給平均が約20万2500円なのに対して、大卒事務職の初任給平均は約20万8500円となっています。

高卒の初任給平均を比べてみても、全体的な平均が約15万6500円なのに対して、事務職の平均は約16万3000円平均以上の数字となっています。

こうして見ると、初任給は平均以上で全体的な年収が平均以下となっていますので、事務職は他の職と比べて「昇給が期待できない職」だと言えるでしょう。

実際に何年働いても昇給がロクにないような会社はザラにあり、昇給が期待できるのは「大企業」だったり、「大企業の子会社」の場合がほとんどです。

また、業種別で見ると電気やガス、水道などのインフラ系は昇給が最も期待できる業種であり、他にも金融や保険などの業種も昇給率が高めとなっています。

ですので、事務職をやりながら少しでも稼ぎたい方は、昇給率の高い「インフラ系」「金融関連」、他にも「保険」「大企業」で働くようにして下さいひらめき

このような会社の事務職は、新卒でもない限りコネがないとなかなか就職できませんが、実務経験が豊富でしたら中途入社することも不可能ではありません。

事務職は高給が期待できない仕事ではありますが、誰でもできるような簡単な仕事がメインであり、「給料が安定している」というメリットもあります。

お金を稼ぎたいのでしたらオススメできませんが、給料が安くても屋内で座りながらラクな仕事をしたいような方に、事務系の仕事はオススメです。

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 即金在宅ヒロシ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。