モーニングコール代行の時給

2012年02月01日

モーニングコール代行の時給

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)

主婦の副業として有名なモーニングコール代行の仕事。

モーニングコール代行は家にいながら簡単にできるという他に、「高時給がもらえる」という情報も飛び交っており、非常に人気のある仕事となっています。

そんなモーニングコール代行の時給ですが、この仕事は「時給制」ではなく「歩合制」のところが多く、決まった時給をもらえる会社はほとんどありません。

多くの会社はモーニングコールを1件掛ける毎にお金をもらえるシステムとなっており、掛ける相手は基本的には会社から指定された人のみとなっていますひらめき

モーニングコール1件あたりの単価は会社によって異なりますが、大体150円前後が相場であり、1日に電話する人数は多くて20人程度となっています。

ですので、1件あたりの単価が150円だとし、1時間に10人に電話をしたら時給1500円、5人に電話をしたら時給750円ということになりますね。

モーニングコールするだけなら1件5分も掛かりませんので、時給1000円以上も十分に可能であり、高時給が期待できる仕事なのは間違いありません。

ただし、1日に電話する人数は平均すると10人以下ですので、時給がいくら良いとしても、日給で考えるとそこまでは稼げない仕事ということになりますたらーっ(汗)

完全に副業向けの仕事だと言えるでしょう。

なお、仕事内容は会社から指定された人にモーニングコールを入れるだけ。

会社によっては利用する携帯電話を支給してくれることがあり、モーニングコールをする際の「通話料」に関してはほとんどの会社が負担してくれます。

仕事をする時間は当然早朝となりますので、日頃から早起きが習慣化しているような人以外は、この仕事にはちょっと向いていないと言えるでしょう。

また、会社によっては年齢制限(20〜45歳位まで)や、声質のチェックがあるようなところもあり、誰でも出来る仕事というわけではありません。

求人自体も非常に少なく、多くの会社は欠員待ちの状態となっています。

この仕事は副業としては非常に魅力的な仕事ですので、やってみたい方はモーニングコール代行会社の求人ページをマメにチェックするようにして下さい。

主なモーニングコール代行会社は、「モーニングコールドットコム」「エリアフレンズ」、他にも「モーニングコール娘」などが挙げられます。

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 即金在宅ヒロシ at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。