キャバクラの時給

2012年01月24日

キャバクラの時給

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)

キャバクラのバイトは高給を稼げることで有名です。

求人を見てみると、最低でも「時給2000円以上」となっており、高いところになると、「時給4000円以上」で求人を出しているところもあります。

本当にこんなもらえるのかと疑問を持つ方もいるでしょうが、誇大求人を出しているところも中にあり、記載通りの額を必ずしももらえるとは限りません

かと言って時給が低いわけでもなく、平均時給はローカル地域で2000〜3000円程度、繁華街でしたら2500〜3500円程度となっていますひらめき

高給を稼げるというのは間違いありません。

ただし、これはスタート時の平均時給ですので、働き始めてからの売上や指名個数、または勤務態度などによって、その後の時給は大きく変動してきます。

例えば、売上も指名個数もトップレベルのキャバ嬢は、時給で2万円以上もらっていることもあり、月に100万円以上稼いでいる人も少なくありません。

逆に売上や指名個数、勤務態度が悪いキャバ嬢は、時給がどんどん下がってしまい、最悪の場合は1500円程度まで下がってしまうこともありますたらーっ(汗)

また、売上に応じて「売上バック」をもらえることもありますが、もらえてもぜいぜい売上の10%前後であり、お店によっては売上上位の人しかもらえません。

ですので、給料のメインはあくまで「時給」ということになります。

なお、キャバクラには「昼キャバ」というものもありますが、こちらは夜のキャバクラと比べて、平均時給が1500円程度とかなり安くなっています。

昼間に働けるという大きなメリットはありますが、お金を稼ぎたくてキャバクラをやるのでしたら、夜に働いた方が圧倒的に稼ぎやすいと言えるでしょう。

昼キャバで稼ぐのは、かなり難しいと言えます。

ちなみに、キャバクラの主な仕事内容は、お客さんと会話をしながらお酒の相手をすることであり、「お客さんを楽しませるのが最大の仕事」となります。

ときには「擬似恋愛」を演じなければいけないこともありますが、普通にコミュニケーションが取れさえすれば、そこまで意識をする必要はありません。

また、キャバクラ嬢として働くにはある程度の容姿も必要となってきますが、何かしらの「ウリ」があれば、普通の容姿でも働くことは十分に可能です。

例えば、「癒し系」「話し上手」、または「盛り上げ上手」などの人ですね。

勤務時間はお店によって異なりますが、大体は夕方からの5〜6時間程度となりますので、昼間に仕事をしている方でも働くことは可能となっています。

副業としても、キャバクラのバイトは非常に向いていると言えるでしょう。

求人は常にどこからしらのお店が募集している感じですので、キャバクラのバイトに興味のある方は、ネットで「キャバクラの求人」と検索をしてみて下さい。

キャバクラのバイトは、頑張り次第では月に100万円以上稼ぐことも可能であり、普通に働いているだけでも日給1万円以上はラクに稼げるバイトです。

手っ取り早くお金を稼ぎたい方に、キャバクラのバイトはオススメです。

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 即金在宅ヒロシ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。