在宅で稼ぐ

2012年01月09日

在宅で稼ぐ

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)

在宅で稼ぐには様々な方法があります。

一昔前でしたら、家でできる仕事もかなり限られていましたが、インターネットが発達した現在では、家でできる仕事もかなりの幅が広がっていますひらめき

1、内職で稼ぐ

内職は在宅で稼ぐ最も一般的な方法です。

仕事内容は主に組み立てや作成であり、例えば「部品の組み立て」「アクセサリーの作成」、他にも「クロスワードパズルの作成」などの仕事があります。

仕事はこれら以外にも様々ものがありますが、基本的には誰にでもできるような簡単な仕事であり、専門知識を必要とする仕事はほとんどありません

給料はほとんどの内職が出来高制となっており、例えば1個作って60円もらえる物を50個作れば3千円、100個作れば6千円もらうことができます。

1個あたりの単価は物によって異なりますが、多くの物が1円〜100円以下となっており、内職の平均的な時給は200〜300円前後となっています。

ハッキリ言って、まともな額を稼ぐのは、かなり難しいと言えるでしょう。

なお、仕事はネットで「内職の求人」と検索をすれば、すぐに見つかります。

2、SOHOで稼ぐ

SOHOとは「スモールオフィスホームオフィス」の略で、「自宅の一室をオフィス代わりに使った、個人事業主や小規模な事業主」のことを指します。

しかし、現在は「パソコンを使った専門的な内職」という意味で広く使われており、元々の意味で「SOHO」という言葉を使う人はあまりいません。

仕事はIT関連の仕事でしたら何でもあり、例えば「スマートフォンのアプリ作成」「ウェブのデザイン」、他にも「ブログ作成」などの仕事があります。

給料は専門性の高いものほど多くもらえ、スマートフォンのアプリ作成の案件などは、1案件で10万円以上もらえることも少なくありません。

逆に専門性の低いものは給料も安く、ブログ作成などの簡単にでもできるような案件は、100個作っても1万円にすらならないことがザラにありますたらーっ(汗)

SOHOでまともな額を稼ぐには、何らかの深い専門知識が必要でしょう。

なお、SOHOの求人は「専門の求人サイト」がありますので、そのような専門サイトを利用すれば、仕事自体は簡単に見つけることができますひらめき

3、自力で稼ぐ

これは、インターネットを利用して自力で稼ぐ方法です。

具体的には、「株やFXなどのオンライントレード」や、ブロブやホームページを作って「アフィリエイト広告収入」を得るのが主な稼ぎ方になります。

どちらもインターネットにさえ繋がっていれば、自宅で簡単に始められるものであり、上手くいけば月に100万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

ただし、これらの方法は確実に稼げるわけではなく、まったく稼げないようなこともあれば、お金を減らしてしまうようなこともザラにあります

特に株やFXは、下手をすると大きく損をする可能性があり、内職やSOHOと比べると、ハイリスク・ハイリターンな稼ぎ方だと言えるでしょう。

在宅で稼ぐ方法は主にこの3つとなりますが、仕事の難易度が最も簡単なのが内職であり、最も難しいのがオンライントレードやアフィリエイトになります。

また、収入面で見れば、最も高収入を期待できるのがオンライントレードやアフィリエイトであり、最も収入が期待できない仕事が内職になります。

私は内職以外は全てやっていますが、やはりオンライントレードやアフィリエイトは、ある程度のお金や時間を掛けないと、まともに稼ぐことはできません。

堅く稼ぎたいのでしたら内職やSOHO、多少のリスクがあっても大きく稼ぎたいのでしたら、オンライントレードやアフィリエイトが向いていると言えるでしょう。

私がラクラク月30万円の副収入を得ている方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 即金在宅ヒロシ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。